引き寄せの法則は嘘なのか?効果がある理由を科学的に解説

このページでは、
『引き寄せの法則って胡散臭い・・・。嘘なんじゃないの?』
『試したけれども効果がなかったんだけど!』
と、思っている人に向けて書いています。


引き寄せの法則とは、
『欲しいもの(目標や夢)を鮮明にイメージすることで、欲しいものがあなたのもとに引き寄せられるように手に入る』
といった法則です。

例えば、
年収1000万円という目標があるとしたら

『年収1000万円になっている自分を鮮明にイメージする。』
どんな洋服を着ているか?
どんな家に住んでいるか?
どんな感情になっているか?

鮮明にイメージすることで、”自然に”年収1000万円の自分になるという法則です。


『素敵な恋人がほしい』だとしたら
どんな顔をしているのか?
どんな声をしているのか?
デートをしているときの姿
デートをしているときの感情

などを鮮明にイメージすることで、”自然と”理想の恋人が手に入るという法則です。


「欲しいものをイメージしただけで手に入ったら苦労しねーよ」
「引き寄せの法則なんて嘘だろw」
と、思いますよね。

ぼくも引き寄せの法則を、初めて知った時は胡散臭く感じましたw

しかし、脳科学を学んだ時に、引き寄せの法則は科学的にも効果があることがわかりました。

それでは、なぜ効果があると言えるのか、説明をしていきます。

1.網様体賦活系(RAS)

脳には網様体賦活系(もうようたいふかつけい)という機能があります。

RAS・・・リティキュラー・アクティベーション・システム
とも呼ばれています。
(以下、網様体賦活系に統一します。)

網様体賦活系とは、いらないと判断した情報を意識に上げる前に遮断する機能です。

『フィルターを通して世界を見ている』
などと言われますが、そのフィルターの役割です。

人は世界をありのままに見ているのではなく、予め無意識的に不要だと思われた情報を排除しています。

そのため、同じ空間にいても人によって認識している世界はバラバラです。だからこそ、意見の食い違いで衝突することがあると思います。

カラーバス効果

ぼくが網様体賦活系を理解した方法で、カラーバス効果があります。

カラーバス効果は、
「自分が意識を向けた情報が入ってきやすくなる」
という心理効果です。

カラーバス効果の説明が引き寄せの法則に似ているかなと思います。


例えば
『目の前の”赤いもの”を探してみてください』
と、言われたとします。

もし、時間があればあなたもやってみてください。

ぼくであれば
手元に赤いUSBメモリがありました。

”赤いもの”を意識する前は、全く認識していなかったものです。

赤いものを意識した途端、誰かが手元においたかのようにUSBメモリが現れだしたのです。

その他にも認識していなかったものがいろいろと出てくると思います。


また、機能脳科学者の苫米地英人さんの網様体賦活系を理解するワークで
『自分がいつもしている腕時計の絵を描く』
というものがあります。

これも時間があれば実際にやってみてください。


実際にやってみると、いつも見ているはずの腕時計の絵が描けないのです。

・数字の表記はアラビア?ローマ?
・針ってどんな形してたっけ?
など。

細かいデザインがわからなかったりします。

特に、買ってから時間が経っている方がわかりにくくなります。
目に入っている回数は多くなっているはずなのに。

いつも見ているはずの腕時計の絵が描けない理由は、
『時間を見ることが重要で、デザインの情報は不要だと判断しているから』
です。

デザインの情報を網様体賦活系によって排除しているのです。

買った時はデザインの情報は重要で入ってきていたのですが、購入した後はデザインの情報は不要だと無意識的に判断しているのです。

我々が認識しているのは、実際の世界のごく1部なのです。

情報を排除している理由

ではなぜ、網様体賦活系によって情報を排除しているのか?

その理由は
『エネルギー消費量を減らすため』
です。

脳はエネルギー消費量が膨大なため、フル活用したらすぐにエネルギー不足になってしまいます。

苫米地英人さんの話では、
「1日脳をフル活用するには原子力発電所1個分のエネルギー量が必要」
と話していました。

一方で、人はとても効率の悪いエネルギー供給しかできないのです。

食事によってエネルギーを摂取しますが、消化と吸収で内蔵を使ってエネルギーを使ってしまいます。つまり、エネルギーを摂取するために、エネルギーを使わなければいけないのですw

食後に眠くなってしまうのは、消化にエネルギーが使われているからです。

『人は脳の数パーセントしか活用できていない。脳みそをフル活用しよう』
みたいなことを言っている人いますが、エネルギー量からして脳みそをフル活用することはできないですw

また、我々生物は
なるべくエネルギーを使わないように生きています。

エネルギーを使わないように生きていることがわかるのが”サボりたくなる気持ち”だと思います。

サボりたくなる理由

ぼくは学生の時は野球部に入っていたのですが、練習をサボりたくなるんですよね。

誰にでも”サボりたくなる気持ち”ってあると思います。

ですが、よくよく考えたらサボるって損じゃないですか?

ぼくの例で言えば
野球部に入っているのだから練習をたくさんして上手くなって活躍したほうが良いですよね。
(ぼくはサボってたので補欠でしたw)

ですが、サボってしまうのです。

その理由は、生物の生存本能にあると思います。

生物は生存本能によって
『なるべくエネルギーを使わないように』生きています。

その理由は、飢餓によって生命の危険があった時代が長かったからです。

現代は食料が豊富にあって、日本にいる分には飢餓で命を落とすリスクはほぼないですが、人類は狩猟時代で明日の食料が確保できるかわからない時代を長く生きていました。

そのため、命のリスクを少なくするために
『なるべくエネルギーを使わない』
ようにDNAに刻み込まれています。

現代では、飢餓で死ぬリスクはほぼないので、エネルギーを使ったほうがいいですよね。

ぼくは気を抜くと、サボってしまうので
サボりたくなったら、先程書いたことを思い出すようにしています。

網様体賦活系によって、無意識的に情報を排除する理由は
「エネルギーを使わないようにしている」
ことでした。

網様体賦活系の働きは無意識的に行っているのでコントロールができません。
しかし、排除する情報を変えることはコントロールできます

目標を明確にすることで排除する情報を変える

引き寄せの法則を改めて見ると
『欲しいもの(目標や夢)を鮮明にイメージすることで、欲しいものがあなたのもとに引き寄せられるように手に入る』

つまり、目標を明確にすることで排除する情報を変えているということです。

引き寄せの法則を脳科学から説明すると
『これまで目標達成に必要なリソースはあなたのすぐ近くにあったけれども網様体賦活系によって見えていなかった。

目標を明確にイメージすることで、これまで排除されていた情報を認識できるようになった。』
と、説明できます。

『願望が引き寄せられるようにやってくる』
のではなく
『すぐ近くにある願望達成のリソースに気づくことができる』
ということですね。

ぼくが”赤いもの”を意識した途端に、今まで見えていなかった手元のUSBメモリが現れたように。


とはいえ、これを読んでいるあなたは
『引き寄せの法則を試したけれども効果がなかった』
場合も多いと思います。

その場合はこちらの記事を参考にしてください。
引き寄せの法則を試して効果がない理由

2.スピリチュアルの観点から考えてみる

科学的な話ばかりだとつまらないと思うので、スピリチュアルの観点からも引き寄せの法則の効果を考えてみたいと思います。

ぼくは少し前まで
『科学しか信じない』
と考えていました。

ですが、いまはスピリチュアル的な力も考慮したいなと思います。

世の中で起こっていることの全てを科学で説明できないので、科学しか信じないというのもよくないと考え直しました。

(科学もある意味、宗教のようなものだと思うので。)

ちなみにぼくの尊敬する方の話によると、
「量子力学が発展してスピリチュアルが科学的に証明されるようになるから、スピリチュアルが流行るよ」
とのことでした。

引き寄せの法則に関してもカラーバス効果だけじゃなく、スピリチュアル的な力が働いているのかもしれないです。

これから、科学で証明されているわけではない”うさん臭い話”をしていきますw

波動理論

引き寄せの法則がスピリチュアルで語られる時に波動で説明されています。

「えっ、波動拳?www」
と、思ったあなた。

あなたの感性、ぼくは好きですw


波動とは振動のことです。

例えば、音波も波動の一つです。


音は空気の振動によって伝わってきます。


波動理論で引き寄せの法則を簡単に説明すると

1.あらゆるものに波動がある

そして

2.同じ波動は引き寄せ合う



意味不明だと思うので、もう少しわかりやすく説明します。


物質も思考も波動でできていて、ほしい物質の波動と思考の波動を合わせることで欲しいものが引き寄せられる

という意味です。

まだ意味不明だと思うので、もっと詳しく解説します。

1.あらゆるものに波動がある

①物質
あなたの目の前にある物質は波動があります。

例えば、パソコンやスマホ、車、金属など。
あらゆる物質は波動があります。

物質を小さく分解していくと”原子”がでてきます。

現在約100種類の原子があり、全ての物質は約100種類の原子の組み合わせによって作られています。

我々の肉体も原子の組み合わせです。


そして、原子をさらに分解すると、
・原子核(陽子、中性子)
・電子
に分けられます。

一般的に、物質の最小単位である”素粒子”と呼ばれています。



そして、原子核と電子は常に振動しています。

つまり波動を持っています。


ちなみに、、、、
現在は原子核と電子が物質の最小単位ですが、

”万物の根源は極小なひものような物質が振動して作られているのではないか?”
という

『超ひも理論』の仮説が有力視されています。
②光・電波


目に見える”物質”は、原子の振動によって波動をもっていることを説明しました。

次に、目に見えない”光・電波”についてです。


光と電波はともに”電磁波”で、波長によって呼び方が変わります。


波長が短い電磁波は紫外線と呼ばれていて、短ければ短いほど体に悪いです。

一定の波長の電磁波は、光として目に見えます。


さらに波長が長くなると”電波”として使われていて、もっと長くなると電気として使われています。




音は空気の振動によって伝わります。

ちなみに、真空状態だと音は伝わりません。
(水中では水を振動媒体として伝わります。)
③思考
我々の思考にも波動があります。

”脳波”とも呼ばれています。

イライラした時には波長が短くなり、リラックスしているときには波長が長くなります。


脱線しますが
脳は身体から送られてきた電気信号によって反応しています。

理論的には映画「マトリックス」のように、脳幹に電気信号を送るようなプラグをぶっ刺して、仮想現実のような夢を見せることができるらしいです。

イーロン・マスクさんは、この世が仮想現実だと思っているらしいです。


ここまでで伝えたかったことは
『世の中のすべてのものに”波動”がある』
ということです。

では、次の説明に移ります。

2.同じ波動は引き寄せあう

引き寄せの法則のスピリチュアル的な理論では

『同じ波動のエネルギーは共振し、波動が違うエネルギーは交わらない』

という考えです。


”同じ波動は引き寄せあう”ということを、目に見えるもので例えられているのがテレビです。

テレビは各局が固有の周波数(波動)を持っています。

東京の場合

TBS:527MHZ
フジテレビ:521MHZ

上記の周波数にて各局が電波(波動)を飛ばしています。


そしてテレビを見る時

TBSを見たい場合には、チャンネル(波動)をTBSに合わせます。


テレビのチャンネル(波動)をTBS以外に合わせた場合、TBSは映らないですよね?

例えば、
『TBSを見たいけれども、チャンネルはフジテレビになっている。』

この状態だと、ガン見したり目を凝らすなど、いくら努力をしてもTBSを見ることはできないですよね。

TBSを見るには、チャンネル(波動)を合わせる必要があります。


つまり、
見たいものに波動を合わせないと見られない
ということです。
願望実現に当てはめると・・・
では、テレビの例を願望実現に当てはめると

『波動が願望実現に合っていないと、いくら努力しても願望を実現することができない』

(フジテレビのチャンネルなのに、努力してTBSを見ようとしているようなもの)


『自分の思考・感情を願望実現の波動に合わせるには、願望が実現している姿を鮮明にイメージすることが効果的』
ということです。


思考・感情の波動が現実に影響を与える例で
『類は友を呼ぶ』
という言葉があります。


幸せそうな人の周りには幸せそうな人が寄ってきやすいです。

悪い人の周りには悪い人が寄ってきやすいです。


幸せな人は幸せな波動を出しているから、幸せな人が引き寄せられるとスピリチュアル的には解釈されます。

スピリチュアル的な解釈まとめ

うまく言いくるめられてるような気がするかもしれないですw

ぼくも書いていて
『都合のいいように解釈しているだけじゃないか?』
みたいなことを思っていますw

”波動を合わせる”
という言葉は、スピリチュアルではない言葉にすると

『マインドセット』
とも言いかえられると思います。

・思考
・感情
・意志(行動)

を、目標に一致させることと同じかなと思います。

マインドセットについては下の記事でも書いているので参考にしてみて下さい。

なぜマインドセットだけで成功できるのか?

まとめ

ここまで引き寄せの法則の効果について書いてきましたが、”合わない人には合わない”と考えています。

合わないのに引き寄せの法則を過信しすぎると、理想と現実のギャップに苦しみ精神異常が起こる可能性もあるので気をつけてください。


例えば、うさん臭い自己啓発セミナーでは
『ついてると自分に言い聞かせると幸運がやってきます』
みたいなことを言い出す人いますが

それを聞いた人が、辛い状況なのに
「ついてる、ついてる」
と、呪文のように唱えると危険ですw


現実逃避として使うのは危ないです。

引き寄せの法則が合うか合わないかの判断は感情に着目するといいです。

引き寄せの法則を行ってみて
・苦しくなる
・モチベーションが高まらない
など。

感情がマイナスに振れるのであれば、やらないほうがいいと思います。

ぼくの引き寄せの法則についての話

ちなみに、、、
ぼくが引き寄せの法則を知ったのが、今から6年くらい前です。

アルバイト生活をしながら、ネットビジネスだけで生活することを目指していた時です。

アフィリエイト塾に入っていた時に
『願望を100個書くワーク』
を、行いました。

その後、引き寄せの法則の元になっている
『ザ・シークレット』
という本を読み願望を鮮明にイメージしました。

しかし、願望が引き寄せられる感じはありませんでした。


それから、1年くらい前にも引き寄せの法則を聞く機会があり、こんどはもっと徹底的にやろうと思いました。

毎朝5分間欲しいものを紙に書く習慣を1ヶ月くらい続けていました。

もしランプの魔人が出てきて、
『願いをいくつでも叶えてあげよう』
と言われたら?

と、仮定して5分間紙に書いていました。


いつしかその習慣を辞めてしまったのですが、辞めてから1年後くらいにネットビジネスだけで生活できるようになりました。

『引き寄せの法則の効果が出るのは時間差があるから、遅れて願望が引き寄せられたんだよ』
という意見もあるかもしれないですが。

ぼくの感覚としては
『マインドセットができたから現状が変わった』
という印象です。

マインドセットができたきっかけは、次の2つのことがおきたからです。
・雇われることに対しての不満が爆発した
・借金の支払いがパンクしそうになった

(その時のエピソードはプロフィールを参照ください。)

この2つの出来事によって、お金を稼ぐことに対して100%コミットメントできました。


引き寄せの法則信者視点から見ると
『稼ぐためにマインドセットが完璧になる出来事が引き寄せられたんだよ!』
って言われるかもしれないですねw


ぼくは引き寄せの法則は、スピリチュアル的な力が働くのはあるのかもしれないなとは思っていますが過信はしてないです。

ただ、目標を明確にすることは重要だと思っています。


現在は、毎朝目標を書く習慣は行っていないです。
モチベーションが低下したらやろうかなと思っています。

おすすめの引き寄せの法則の活用術

昨年から始めたのですが、引き寄せの法則の効果的な使い方についてですが

『1年後の自分に手紙を書く』
ことです。

”1年後に自分はどうなっていたいか?”をイメージして書きます。

一般的な引き寄せの法則よりも、期間が決められているので効果が高いと思います。

タイムカプセル郵便というサービスを活用すると未来の自分に手紙が送れます。

タイムカプセル郵便

1000円くらいで利用できます。

・目標
・やりたいこと
・やろうと思っていたけどやっていなかったこと。

などを棚卸しできてよかったです。