【保存版】アフィリエイトで稼ぐために必要な思考【初心者必見】

このページの内容を読むことで、
アフィリエイトで稼ぐための思考が身につきます。

アフィリエイトは、

・費用があまりかからない
・好きな時間に作業できる

ので、副業で始めやすいビジネスだと思います。

また、軌道に乗せれば少しの更新作業でお金が入ってくるようになるのでとても魅力的です。

しかし、一方でアフィリエイトを始めても稼げない人が圧倒的に多いです。



(日本アフィリエイト協議会が発表した2017年データ。アフィリエイター1000名を対象に調査)

データを見るとアフィリエイトを行っている人の中で1万円も稼げない人が90%以上です。


アフィリエイトで稼げない人が多いのは、稼ぐための思考が身についていないことが理由のひとつです。

闇雲にブログを書いても稼ぐのは効率的ではありません。

このページの内容を読むことで、アフィリエイトで稼ぐための思考が身につきます。

アフィリエイト報酬の公式

アフィリエイトを始めたての時は
『アクセスを多く集めれば稼げる』
と、考えてしまうかもしれませんが

闇雲にアクセスを集めても効率が悪いです。

なぜなら、アフィリエイトの報酬は次の公式で決まります。

アクセス✕成約率✕単価=アフィリエイト報酬

アクセス数はアフィリエイト報酬を決める要素の一つにすぎません。

掛け算によって決まるので、成約率が0だとしたらいくらアクセスを膨大に集めても1円にもならないということです。

逆にいえば
成約率と単価を考慮してサイトを作れば少ないアクセスでも稼げます。

以下のデータはA8.netの成果画面です。


広告クリック数が200だとしても、20万円くらい稼げています。

アクセスは1000くらいです。

1ページに広告が複数表示されるので、インプレッション(広告表示回数)は2500くらいになっています。


成約率と単価を考慮してサイトを作った結果、アクセスは少なくても20万円くらいの報酬になりました。

成約率が高い理由は、商標キーワードによってアクセスを集めました。
単価は、アフィリエイト報酬です。(1件あたり平均1万円)

(商標キーワードはこの先の説明を読むと理解できます。)


繰り返しになりますが、
闇雲にブログ記事を書いてアクセスを集めても効率が悪いです。

アクセス
成約率
単価

この3つを考慮して、ブログを作っていくことでアフィリエイトで稼げるようになります。

キーワードについて

このページ内やアフィリエイトの記事を読むと”キーワード”という言葉が出てきます。

キーワードとは、
『上位表示を狙う検索ワード』
のことを指します。

例えば
『商標キーワード』

という言葉の意味は

『商標を記事タイトルにして、商標で上位表示を狙ってアクセスを集める。』

という意味になります。

商標・・・『パソコン 富士通』や『レッドブル』など。(商品名)

アフィリエイトの種類

アフィリエイトと一言でいっても、稼ぎ方が数多くあります。

メリットやデメリットを書いています。

パワー
稼げる金額を表しています。

テクニック
稼ぎやすさを表しています。

報酬が発生しやすいか?
稼ぐのに知識が必要か?

を、判断基準にしています。

スピード
報酬が発生するまでの期間です。

費用
費用を表しています。

資産
更新をやめても(少なくしても)報酬を維持できるか?
を、判断基準にしています。

アドセンスアフィリエイト

グーグルアドセンスで稼いでいく方法です。

グーグルアドセンスとは、グーグルが提供している広告サービスです。

以下のような広告です。



グーグルアドセンスの特徴は、
1.サイト訪問者に合わせた広告が表示される
2.クリックされただけで報酬が入る

それぞれ詳しく説明をすると

1.サイト訪問者に合わせた広告が表示される

グーグルがあなたのサイト閲覧記録などを参照して、あなたの興味にあった広告を表示してくれます。

上のアドセンスの画像の例で言えば、ぼくは過去にお名前ドットコムのサイトに訪問したことがあるので、お名前ドットコムが表示されています。

同じページを見ても、閲覧するパソコンやスマホによって表示される広告がことなります。


つまり、広告管理が楽です。

広告の終了や張替えをする必要がありません。グーグルアドセンスで稼ごうと思ったら、一度広告を貼り付けてあとは記事を書いて集客するだけです。


2.クリックされただけで報酬が入る

グーグルアドセンスはクリックされただけで報酬が発生するので稼ぎやすいです。

正しくアクセスを集めていれば、1円も稼げないということはまずないです。

一方で、稼げる金額は他と比べると低くなります。

物販や情報商材を扱っている人で数百万円稼いでいる人はよく見ますが、アドセンスで月に100万円以上稼いでいる人と会ったことがありません。

2.アドセンスで稼ぐポイント
アドセンスで稼ぐためには次の3点です。

1.アクセスを多く集める
(集客)

2.クリック単価が高いジャンルを攻める
(単価)

3.クリックされやすい位置に広告を貼る
(成約率)


先程のアフィリエイトの公式と同じですね。

クリック単価は次の3点で決まります。

1.ジャンル
2.クリックした人が広告先のものを買うか
3.時期


1.ジャンル
グーグルアドセンスはオークションのような仕組みになっているので、出稿する企業が多いジャンルは競り合うので単価が高くなります。

単価が高いジャンルと言うと、
・金融(キャッシング・クレジットカード)
・ダイエット
・保険
・転職
などです。

ただし、広告単価が高いジャンルはライバルも多いのでアクセス集めるのが難しいです。

2.クリックした人が広告先のものを買うか
グーグルアドセンスはクリック報酬型ですが、クリックした先のことまで見ています。

広告効果の高いサイトのほうが同じ広告でも単価が高くなります。

3.時期
企業が広告をだす時期のほうが単価が高くなります。

具体的には
3月(年度末)
7・8月(夏)
9月(半期末)
12月(年末)

グーグルアドセンスのデメリット

アドセンスの最大のデメリットが、アカウントを剥奪されやすいことです。

他のアフィリエイトと比較すると、アカウント停止のリスクが高いです。

『グラビアの画像載せてたらアカウント停止になった』と、聞いたことがあります。

ちょっとしたことで、停止になる可能性があるので注意が必要です。


グーグルアドセンスまとめ

グーグルアドセンスはクリックだけで報酬が入るので初心者におすすめです。

初めは雑記ブログで、アフィリエイトで稼ぐために必要な”ライティング力”をつけていくことがおすすめです。

グーグルアドセンスと言っても、その中でも稼ぎ方がいくつかあります。

雑記ブログ



趣味などのブログを書いてアクセスを集める方法です。

アイドル
野球
美容
ファッション
など。

ポイントは
「他の人もそのことに興味があるか?」
という視点です。

例えば、
『今日のランチ♪』という日記を書いてもアクセスを集めるのは難しいです。

その人が芸能人とかで、”ブログを書いている人に興味を持たれている場合”はアクセスが集まります。ぼくのような一般人が『今日のランチ♪』という日記ブログを書いてもアクセスは集まりません。

ですが、
『○○(有名店)の○○(有名料理)のレビュー』

ならばアクセスが集まります。


有名店であれば、あなた以外にもお店や料理に興味を持って検索する人がいるからです。

そして、続けていくうちにブログを書いている人にも興味を持ってもらえるようになります。

トレンドブログ



トレンドブログとは、話題になっているキーワードを狙ってブログ記事を書いていきます。

芸能ニュース
ゲーム
パチスロの最新機種情報
ニュース
など。

最近話題になっている情報を扱うので、既存の記事を書いているサイトないので、検索エンジンで上位表示しやすいです。

例えば、
Aという芸能人が不倫で話題になった

『A+不倫』のワードで検索する人が増える

しかし、不倫騒動は発覚したばかりなので既存の記事が少ない

検索者が多いのに上位表示しやすい

ということです。

そのため、雑記ブログよりも”稼げるようになるまでのスピードが早い”です。


ただ、ニュースの話題性が落ち着いたら検索者が減るので、資産にはなりにくいです。

(更新しないとアフィリエイト収入が落ちていってしまう)

ノウハウブログ



ノウハウ記事を書いていくブログです。

英会話
プログラミング
ウェブデザイン
生活のお役立ち情報
○○の裏ワザ

など。

ノウハウ記事だと流行り廃りが少ないので資産になりやすいです。
(更新しなくても、アクセス数を維持しやすい)

また、ジャンルによっては、その他のアフィリエイトと絡めやすいです。

物販アフィリエイト

A8.netで扱われているサービスを扱ったアフィリエイトです。

(物販と言っていますが、保険やキャッシング申込みなどのサービスも含みます。)

基本的に成約報酬型です。

いくら広告をクリックしてもらっても、成約(購入・申込み等)がなければ1円もお金が入ってきません。

ですが、質のいいアクセスを集めれば、アドセンス以上に稼げます。


アフィリエイトで大きく稼ぐのであれば、物販アフィリエイトは欠かせないと思います。

物販アフィリエイトでもいくつか稼ぎ方があります。

商標キーワード

商標とは、『パソコン 富士通』や『レッドブル』など。(商品名)

物販アフィリエイトで一番成約率の高いアクセスを集めるのが『商標』でアクセスを集めることです。

例えば、
『iPhone10』
の、プログラムがあったとします。

iPhone10を購入してもらうには、『iPhone10』と検索した人を集めるのが効果的です。

なぜなら、その商品をすでに知っている人だからです。

もっというと、
『iPhone10 価格』
『iPhone10 口コミ』
『iPhone10 不具合』
などの、複合キーワードで検索している人が入会してもらいやすいです。

複合キーワードで検索してきた人は、その商品を知っていて積極的にその商品の情報を探している人です。

購買意欲が高い人と言えます。

例えば
『iPhone10 価格』と調べている人は、『価格が妥当だったら購入したい』と考えている人の可能性が高いです。

『iPhone10 口コミ』と調べている人は、『口コミが悪くなかったら購入したい』と考えている人の可能性が高いです。


購買意欲が高いので、検索した人の心配を払拭してあげて、少し背中を押して商品ページに流すだけで購入してくれます。


商標キーワードで攻める場合、2つのパターンがあります。

1.特化サイト
2.複数商品を紹介

それぞれ詳しく説明をしていきます。
1.特化サイト


1サイトで1つの商品を詳しく紹介するページを作っていく方法です。

例えば
『iPhone10』
について1サイトで詳しく解説していきます。

iPhone10 価格は?
iPhone10 口コミは?
iPhone10 不具合は?
iPhone10 使い方は?
・・・など。

一つの商品を詳しく解説しているので、そのキーワード(商標名)で上位表示されやすくなります。

1商品ごとにサイトを作っていくので、ドメイン代が他の方法よりもかかる傾向にあります。
2.複数商品を紹介


1つのサイトで複数の商品を紹介していくサイトです。

例えば、
「スマホの機種の紹介」
というコンセプトでサイトを作って

iPhone
エクスペディア
アンドロイド
など。


「ダイエットサプリ紹介サイト」
というコンセプトで、ダイエットサプリメントを色々書いていく。


ジャンルをどのくらいに絞るかがポイントです。

狭すぎると書く商品が少なすぎてしまうし、広すぎると検索エンジンで上位表示されにくくなります。

(検索エンジンで上位表示させるためには特化させたほうが有利になります。)


キーワード単体でみると、特化サイトよりも上位表示しにくいですが、ページを複数作っていける強みがあります。

一点集中型が特化サイト。
数撃ちゃ当たるが複数商品。

という、違いです。

比較サイト



特化サイトの作り方は次のステップです。

1.ジャンルを決める。

2.商品の紹介記事を次々と書いていく。

3.ランキングを作る

4.そのジャンルに興味ある人を集めるキーワードで記事を書くいて、記事からランキングページに飛ばす

この4ステップです。


例えば、ウォーターサーバーの比較サイトの場合

1.ジャンルを決める。

ウォーターサーバー

2.商品の紹介記事を次々と書いていく。

各社のウォーターサーバーの紹介を書く

クリクラ
アクアクララ
アルピナウォーター
・・・など。

3.ランキングを作る

あなたが本当におすすめするランキングでもいいですし、売りたいウォーターサーバーランキングでもいいと思います。

比較サイトは多くありますが、だいたいは売りたい順ですw(アフィリエイト報酬が高い順)

4.そのジャンルに興味ある人を集めるキーワードで記事を書くいて、記事からランキングページに飛ばす

ウォーターサーバーに興味がある人が検索しそうなワードで記事を作る

例えば
「ウォーターサーバー 炭酸水」
「ウォーターサーバー 電気代」
・・・など。


比較サイトはかなり稼げる金額の期待値が高いです。

PPCアフィリエイト



PPC広告を使ったアフィリエイト方法です。

PPC(Pay per Click)広告とは

クリック課金型の広告を利用してアクセスを集めて、アフィリエイト報酬を獲得する方法です。

広告費を使って、広告収入を得る方法です。

『広告費-広告収入=利益』


ヤフーの検索エンジンでは、SEOで上位表示されたサイトよりも、広告を使ったサイトのほうが上位に来ます。



赤く囲ったところが広告枠です。

PPCアフィリエイトで基本的に使われているのがヤフーの広告です。

ですが、最近は審査が厳しくなってきているので、下火になっている印象です。


PPCアフィリエイトのメリットとデメリット

メリットは広告をかけてアクセスを集めるので、稼げるまでのスピードが早いです。

デメリットは広告費が必要なことと、赤字になる可能性もあります。

まとめサイト・アンテナサイト



まとめサイトとは、大手掲示板の内容を読みやすくまとめたサイトです。

アンテナサイトは、まとめサイトのまとめサイトです。

複数のまとめサイトの記事が一つのサイトで見られるサイトです。


まとめサイトで稼ぐためには、次のどちらかが効率いいです。

1.特化させる

特定のユーザーを集められるように情報を特化させる。


お金に興味がある人
ダイエットに興味がある人

2.ステマ記事で稼ぐ

少し問題になったことがありましたが、普通の記事と紛れ込ませてアフィリエイトすると成約率が高くなります。

例えば
FXのまとめサイトを作る

基本的に、FXの掲示板の内容を記事にしている。

その中に
『このFX売買ツールめちゃくちゃ稼げたんだがwww』
といったアフィリエイト記事を紛れ込ませる

普通の掲示板にみせかけて記事を作ると、成約率が高くなります。


以上がまとめサイトの説明です。

ちなみに、、、
『コピペで稼げる!』みたいな謳い文句の情報商材がありますが、基本的にはまとめサイトで稼ぐことはおすすめしません

アダルトアフィリエイト

アフィリエイトを始めたての時は、『アクセスを集めれば稼げる!』と思っていたので、とりあえずアダルトアフィリエイトに手を出しました。

ですが、そんな稼ぎやすいものではなかったです。

ぼくは物販アフィリエイトの方が稼ぎやすかったです。


アダルトサイトのアフィリエイトは2種類あります。

1.無料動画サイト
2.有料動画サイトのアフィリエイト

それぞれ説明をしていきます。

1.無料動画サイト



無料のアダルト動画はそこらへんに転がっているので、自サイトに埋め込みをしたり動画サイトへリンクを送ったりする方法です。

アクセスを集めやすいのですが、集まったアクセスをお金に変えにくいです。

インプレッション広告(表示された時点で報酬)と、クリック広告でマネタイズするのが主流かと思います。

ただし、単価がめちゃくちゃ安いです。

2.有料商品のアフィリエイト



稼げるキーワードで検索エンジンの上位表示させて、稼いでいくやり方です。

イメージとして、物販アフィリエイトで例えるなら

1.無料動画サイト
⇒アドセンス

2.有料動画サイトのアフィリエイト
⇒商標キーワード

のようなイメージです。


少ないアクセスで稼いでいくやり方です。


例えば
「AV女優名」で上位表示
⇒そのAV女優のコンテンツを売る

フェチ系のキーワードで上位表示
⇒有料動画サイトのアフィリエイト


月額制のアダルトサイトをアフィリエイトした場合、紹介者が継続してくれる限りアフィリエイト報酬が入ってくるメリットがあります。

つまり、1回だけじゃなく継続報酬が入ってくることが特徴です。


今の時代、無料で見られるアダルト動画がたくさんあるのに、有料動画サイトに登録する人いるの?

って思ったことがありますが、画質にこだわる人も多いみたいなので結構登録してくれるみたいです。

情報商材アフィリエイト



情報商材をアフィリエイトしていく方法です。

稼げるジャンルは、基本的に次の2つです。

・稼げる系
・恋愛系

インフォトップというASPのランキングを見てもらうと、大体はお金か人間関係(恋愛)ですね。


情報商材を次々とレビューしていく方法です。

物販で言うと、比較サイトに近いと思います。


情報商材アフィリエイトの強みは
『顧客リストが取れる』
ことです。


顧客リストとは、メールアドレスなどです。
(最近はラインアットを取得する人もいます。)

無料レポートなどと引き換えにメールアドレスを取得する流れが違和感なくできます。

リストを取得することで、こちらから仕掛けるプッシュ型のマーケティングができます。

上記で書いてきたアフィリエイトは、サイトに来てもらうことを待つプル型のマーケティングです。

プッシュ型は、メールアドレスリストに対して売り込みができます。


リストを取得することで、ブログ執筆者に興味を持ってもらえるようになります。

『このブログから買いたい』
『この人が勧めてるから買う』

といったことが起こります。


また、アフィリエイトだけではなく、自分が情報商材を作って売ることもできます。

稼げる系で取得したリストに対してなら、稼げる系のノウハウが売れます。

恋愛系のブログで取得したリストになら、恋愛系のノウハウが売れます。


アフィリエイトを行うよりも、販売者になったほうが収入が大きくなります。

情報商材アフィリエイターの流れ

情報商材アフィリエイターは、基本的には次のような流れです。

1.なんらかの方法で稼ぐ

・アフィリエイト
・せどり(転売)
・FX・株

2.実績を元にブログを始めて情報商材をアフィリエイトする

月10万円くらい稼いだ段階で、情報商材アフィリエイトを始めてもいいと思います。

3.自分の商品を売り出す

アフィリエイトノウハウ
コンサル


などを売り出します。

4.引退

半分くらいの情報商材アフィリエイターは活動を辞めます。

なにもしなくてもお金が入ってくるから、別のビジネスを始めるのだと思います。


イレギュラーな人

基本的には上記の流れが主流ですが、実績がなくても情報商材アフィリエイトはできます。

実績を書かなかったり、偽ったりですねw

SNSアフィリエイト



SNSを利用したアフィリエイトです。

一時期、Twitterを使ったアフィリエイトが人気になりました。ですが、現在はTwitterの規制が厳しくなったので稼ぎにくくなっています。

SNSで稼ぐには、規制のゆるい時にガッツリ稼ぐことがおすすめです。

現在、SNSはアクセスを集めるための補助的な役割で活用しているくらいです。SNS単体で稼ごうとは思っていません。


VRが流行りだす段階で、新しいSNSができると思っています。

まとめ

アフィリエイトで稼ぐための思考と全体像を書いていきました。

このページの内容を読んで

1.自分に合っているアフィリエイトを見つける

2.戦略を立てて作業していく

このステップを踏んで、効率的に稼いでいってください。


参考になったと思ったらブックマーク&SNSなどでシェアして頂けると嬉しいです!