幸せになる恋人の選び方

このページの内容を読むことで、幸せになる恋人の選び方がわかります。

恋愛のパートナーは仕事面にも影響してきます。恋人によって人生を狂わされた人は数多くいます。

ビジネスでうまくいくはずだったけれども、妻の浪費によってビジネスが傾いてしまった。など。


美女と付き合ったとしても幸せとは限りません。

では、どんな人を恋人に選べば

・幸福感が得られる
・私生活が充実する
・お互いが高めあえる関係になれる
・満足度が高い

このような状態になれるのか、説明をしていきます。

いい恋人関係を作れる条件

いい恋人関係を築くにあたって、最も重要なのが”誠実性”です。

自分と相手双方に誠実性があると、足を引っ張ることなく、お互いを尊重しながら高めあうような理想的な関係を築けるようです。

誠実性とは・・・
相手のことを思えることです。


いい恋人関係を作るためには、相手だけが誠実なのではなく、自分も誠実である必要があります。

相手だけが誠実であっても、自分の満足度が高くなるような恋人関係を築くことはできないと言われています。


誠実性が欠けている人の例

女性
金銭感覚がおかしい
⇒結婚してから旦那のお金を使ってしまう

男性
家事の分担をしようとしない
(家事は女がやるものだという決めつけ)


誠実性が欠けている場合は、相手に他のステータスがあったとしても付き合った時にいい関係を築くのは難しくなります。

付き合っていくうちに問題が多くなりやすいです。

恋愛の満足度が高くなるパートナーとは?

自分が恋人として選んで、満足のできる相手とはどんな人なのか。
テキサス大学で行われた研究があります。

「自分の理想の相手と付き合えれば満足度が高い」
「自分の好みの容姿の相手と付き合えれば満足度が高くなる」

このように考えられがちですが、
実は”自分のタイプの相手と付き合える”
ことと満足度あまり関係がないと言われています。

一番、満足度と関係があるのは

『自分のパートナーになり得る人で
何番目にステータスの高い異性なのか?』


ということが、一番満足度の高くなる恋愛に関係があります。


例えば、学校であれば
クラスで一番の女子と付き合えることが満足度が高くなります。

または、仲良くしているグループの中で一番可愛い女の子。


ここでわかるのが
我々は集団で生活する生き物なので
他人軸で満足度が変わるということです。


多くの人は他人と比べていると思いますが
自分軸で物事を判断する人はこの限りではないと思います。

自分軸で物事を判断する人というのは
人に流されることがない人ですね。

恋愛関係が終わりやすい時

”満足度が高くなる相手”は

『自分のパートナーになり得る人で
何番目にステータスの高い異性なのか?』

と説明しました。

恋人への満足度が低くなることは恋愛関係が
壊れるきっかけになり得ます。

上記のことから、恋人への
満足度が低くなるタイミングは

”パートナーになり得る人のリストが変わった時”
があります。

・新入社員が入社した
・新しいコミュニティに入った
・転職
など。

学生であればクラス替えなんかがありますね。


パートナーになり得る人のリストが変わって
現・恋人の順位が下がった時です。

そのため、
周りの人間関係が変わりやすい
4月は別れの季節になりやすくなります。