凡人がノーリスクで起業して自由を手に入れる方法

このページでは、
・一般的なサラリーマン
・主婦
・フリーター
など、ごく一般的な生き方をしている凡人でも、ノーリスクで起業して自由を手に入れるためのステップを公開します。

『起業して自由を手に入れる』
ということは、具体的には次のようなことです。

・クソみたいな上司にヘコヘコする必要がなくなる
・アホみたいな労働にあなたの大切な”時間”を奪われない
・好きなことに100%時間を使える
・嫌いな人と関わる必要がなくなる
・意味不明な飲み会にわざわざ参加しなくてもいい
・欲しいものは全て手に入る
・ほしいと思った月収が手に入る
・若いうちにリタイアして海外で悠々自適に暮らせる

一言でいうと
『お金、時間、人間関係、全てがあなたの望み通りになる』
ということです。

なんの才能もない凡人でも、起業して自由を手に入れることができます。

そして、
”起業=ギャンブル”、と考える人もいますが
ほとんどリスクを取らずに起業することができます。

では、あなたが現在一般的なサラリーマンをしていると
仮定してノーリスクで起業するステップを説明します。

ノーリスクで起業して自由を手に入れるステップ

ステップ1:副業を始めて本業以上に稼ぐ

ステップ2:サラリーマンをやめる

ステップ3:自分のビジネスの収入を伸ばして、あなたの望み通りの月収を得る

解説
凡人がノーリスクで起業するには、今と変わらない生活を続けつつ副業を始める。

副業で本業以上に稼いで、もともとあった本業収入がなくても困らなくする。

上記のステップを取れば、少なくとも金銭面に関してはノーリスクで起業ができます。


あなたは上記のステップを見て、
『副業で本業以上に稼げるわけないだろ』
と、思ったかもしれません。

もしそう考えたのであれば、副業の概念を変えたほうがいいです。

本業以上に稼ぐための副業の概念の説明の前に・・・

上記の
「ノーリスクで起業して自由を手に入れるステップ」
に対して実行できない理由に

「副業が禁止の会社で働いている」
場合があるかもしれません。

そのフォローをします。

おれの会社副業禁止なんだが・・・

副業が禁止されていても、上記のステップを踏むことは可能です。

1.経費相殺して所得が上がらないようにする

副業で振り込まれるお金は収入とは違います。
報酬から経費を引いたのが収入です。

ビジネス(副業)に必要なお金は全て経費として計上できます。

例えば・・・
毎月の携帯代
家賃(仕事スペース分)
水道・光熱費
電話・インターネット料金

副業の種類によっては、買ったもののほとんどは経費にできます。

例えば・・・
アフィリエイトを行っていたとして、自分の洋服1万円買ったとします。

「レビュー用に買いました」
「撮影用の衣装です」
などとすれば、洋服も経費になります。

ディズニーランドの入場料なんかも
「レビュー用です」
とすれば、遊びも経費になります。

あと、飲食店で食事したりキャバクラなんかも接待交際費になります。

生活費の大半を経費に計上することができます。

ただし、税務調査があった時に、担当の人の判断で経費計上していたものが弾かれることもあります。
あまりにも無茶苦茶な理由で経費にすることはできません。


副業の収入があっても、経費で相殺してしまえば所得は変わらないので、バレないのではないかなと思います。


2.報酬の受け取りを身内や友人にする

報酬の受け取りを身内にするのも、会社にバレずに副業をするアイデアの一つです。

税金を引いた分から協力してくれた人に、手数料として何割か渡すと相手も自分も得します。

副業の報酬が軌道に乗って、本業の収入がなくなっても痛くなくなった時に、受取先をあなたに変えたらいいのではないかと思います。

ノーリスクで自由になるための副業選び

ノーリスクで起業して自由を手に入れるためには

『どんなタイプの副業を始めるか?』
が重要です。

私が考える副業の種類は以下の4つです。

1.労働収入型
1-1.他者依存型(従業員として働く)

アルバイト
内職
覆面調査員
クラウドワーク(ランサーズで記事執筆など)

1-2.自立型

せどり(転売)
量産型アフィリエイト
コピーライター
YouTube(戦略によって変化)

2.不労所得型
(積立型、レバレッジをかけられる)

2-1.他者依存型

スカウト

2-2.自立型

メルマガアフィリエイト
FX・株式投資
情報商材販売
電子書籍出版
アフィリエイト(戦略によって変化)

解説
副業のタイプは大きく分けて2つです。

1.労働収入型
2.不労所得型

1.労働収入型
労働収入型は一定の作業量に対して収入が比例しやすいタイプです。

時給制のアルバイトがわかりやすい例ですね。
時給1,000円であれば、1時間働いて1000円もらえます。
労働をやめたら収入がストップします。

せどり(転売)の副業も、労働収入に分類できます。

アルバイトのように、
”1時間働いて何円”という明確ではないですが
労働に比例して収入が入ってくる傾向にあります。

基本的に労働をやめたら収入は止まります。

時間は有限なので
収入が頭打ちしやすいのが労働収入型です。

2.不労所得型

収入を積み上げていけたり、レバレッジがかけられるのを不労所得型に分類しています。

ここでいうレバレッジとは、同じ労働力で大きな成果をだせることを指します。

例えば、メルマガアフィリエイト
購読者が100人のときと1万人の時、
同じ労働力(メルマガ執筆)でも成果が変わります。

メルマガアフィリエイトの収益は
労働力ではなく購読者数(ファンの数)に比例します。


情報商材販売もインフォトップに出しておけば
アフィリエイターさんが紹介してくれて
自分がなにもしなくても勝手に売れていきます。

商品数を増やしていくことで収益が増えていきます。

労働収入よりも収入が頭打ちしにくいです。

収入を伸ばしにくい副業のタイプ

上記の副業のタイプで
1-1、労働収入かつ他者依存型
は収入を伸ばしにくいです。

例えば
空いた時間に牛丼屋でアルバイトして、
牛丼作るのめちゃくちゃ上手くなっても
せいぜい時給が10円上がるくらいですよね。

”起業して自由になりたい”と考えた時に
1-1、労働収入かつ他者依存型
は避けるべきです。

ただし
・スキルアップ
・ノウハウを学ぶ
どちらからの目的であれば効果的です。

1-2、労働収入かつ自立型で本業以上に稼ぐステップ

1-2、労働収入かつ自立型


せどり(転売)
量産型アフィリエイト
コピーライター
YouTube(戦略によって変化)

上記の副業タイプの場合は、同じ作業を続けていくのはおすすめしません。

仮にせどりで50万円稼げるようになって会社をやめたとしても悲惨です。結局は労働に追われる日々を送るようになります。

会社員時代とは違って
・働く仲間がいない
・安定性も低くなっている
ので、精神的にもきついです。

『起業して自由になる』
とは、程遠いです。


労働収入タイプの副業で稼いだ場合は、不労収入タイプへシフトすると収入も時間的自由も増えます。

不労収入タイプへとシフトするには

1.自動化する(外注化)
2.稼いだ方法を教えて稼ぐ

いずれかの方法が王道です。

1.自動化する(外注化)

収益に必要なタスクを細分化して、あなたがやらなくて良い作業は人に任せてしまう方法です。

人件費を払わなければいけないので、一時的に収入が減るかもしれないですが、人に任せた分時間ができます。

時間を使って現在の収入を伸ばしたり、他の収益源を作ることで、総収入を伸ばせます。

@sohoやランサーズなどで、副業を求めている人を探せます。


2.稼いだ方法を教えて稼ぐ

情報商材販売、コンサルへとシフトする方法です。

例えば
ステップ1.せどりで月10万円稼ぐ

ステップ2
せどりで月10万円稼ぐ方法を2万円の情報商材として売る
または
せどりで月10万円稼ぐ方法を10万円で教える(コンサル)

(情報商材販売とコンサルを並行して行うのもありだと思います。)

ブログorYouTubeなどで集客して販売する方法です。

※情報商材とコンサルの違い

情報商材はノウハウを売っておしまい。
コンサルは稼ぐ方法を直接教える。

勉強に例えるなら、参考書と塾の違い。
コンサルのほうが高額なお金を受け取れます。


せどりをして月10万円稼ぐよりも、
せどりを教えたほうが時間効率よく稼げると思います。

なおかつ、月10万円の副収入を求めている人はたくさんいます。
求めている人がいれば、そりゃ売れますよね。

ちなみに・・・
「すでにやってる人がいるので今からやっても稼げないんじゃないですか?」
と、よく質問きます。

例えば、
「せどりで稼ぐ方法」
と、グーグルで検索すると

せどりのコンサルや情報商材を販売している人がごろごろいます。

”すでにやってる人がいるから稼げない”
と、思ってしまいがちですが

戦略をしっかりととれば、
今から始めてもせどりの情報商材販売やコンサルを売れます。

労働収入タイプの副業は
ステップ1:稼ぐ
ステップ2:稼いだ方法を人に教える
このステップを踏むことで、自由な時間・収入が大きくなりやすく、本業以上の収入を構築できます。

2.不労所得型で本業以上に稼ぐステップ

不労所得型の副業タイプの例

メルマガアフィリエイト
FX・株式投資
情報商材販売
電子書籍出版
アフィリエイト(戦略によって変化)

レバレッジがかけられる副業であれば、続けていくうちに本業以上の収入を構築できます。

また、労働収入タイプの副業と同じように、「稼いだ方法を教えて稼ぐ」こともできます

・稼ぐスピードが早くなる
・収入源が増えるので収入が安定する

などの効果があります。

凡人がノーリスクで起業して自由を手に入れる方法のまとめ

長くなったのでまとめます。

ノーリスクで自由を手に入れるには

1.空いた時間を使って副業に取り組み本業以上に稼ぐ
2.やめたいことをやめる(仕事等)
3:自分のビジネスの収入を伸ばして、あなたの望み通りの月収を得る


そして、取り組むべき副業は

労働収入かつ自立タイプの副業
または
不労収入タイプの副業


不労収入タイプの副業であれば、積み上げていくうちに本業以上の収入になることが期待できると思います。

労働収入タイプの場合は

1.なんらかの方法で稼ぐ
2.稼いだ方法を人に教える

このステップが本業以上の収入を構築する王道パターンです。

最後に・・・
副業で本業以上の収入を構築するのは誰でもできます。
特別な才能は必要ではありません。

また、サラリーマンをやめないとしても副業で本業以上に稼ぐのは悪いことではありません。

クビになる心配がなくなるので、より働きやすくなると思います。

自分、サラリーマン経験ないから想像ですが。笑